水素水とは、どんな水?

最近、水素を含んでいる商品が増えてきました。その中でも話題になっているのが水素水です。水素水は、「健康に良い」、「美容に良い」、「アンチエイジングに良い」などと言われています。

これだけを見ても、身体にとってとても良さそうな飲み物ですが、水素水とは一体どんな水なのでしょうか?


水素を豊富に含んでいる水

水素水とは一体なんなのか?簡単に言ってしまえば、「水素を含んでいる水」のこと。水素というのは無味無臭の気体で、水に含まれていても変な味やニオイがすることはありません。

またとても小さな分子なので、水素水を飲むとすぐに血液に吸収をされ、あっと言う間に身体の隅々まで行き渡ります。分子が小さいので、普段では届かないような場所まで水素が行くことができるのです。

これが健康や美容、アンチエイジングに良いと言われている理由ですね。それでは「水素」にはどんな働きがあるのでしょうか?


活性酸素を取り除く働きがある

あなたは活性酸素というものをご存知でしょうか?何となく聞いたことがあるかもしれませんが、活性酸素というのは体を酸化させる力がある物質。

活性酸素には実は2種類あって、悪い活性酸素と良い活性酸素があるのです。身体に悪影響を与えるのは悪い活性酸素で、元気な細胞を錆びさせたり遺伝子(DNA)を傷つけたりします。

悪いものだけでなく無差別に攻撃を仕掛けるので、活性酸素が溜まっていくと老化や病気、生活習慣病の原因になってしまうのです。ですから、それらを予防するためには活性酸素を除去する必要があります。その除去する物質を抗酸化物質と言います。

抗酸化物質(抗酸化作用・抗酸化食品とも言います)には、ポリフェノールやビタミン類、アントシアニンやミネラルがあります。基本的にはバランスの良い食事を心がけることが大切ですが、水素も抗酸化物質なので体の酸化を防ぐことができるのです。

そして水素の凄いところは、他の抗酸化物質と比べても活性酸素を除去する力がとても強いところです。強いと言っても身体に害があるわけではありません。

身体に害のある活性酸素を無害のものに変えて、身体の外に出してくれるのです。


ミトコンドリアも活性化する

水素水を飲むことで、活性酸素を取り除くことができるのですが、ミトコンドリアも活性化します。細胞内にあるミトコンドリアが活性化をすると、内臓脂肪が効率よく燃焼をします。

よくダイエットでジョギングや運動をすることがありますが、これらの有酸素運動も内臓脂肪を燃焼させる運動です。それが水素水を飲むことで、身体の中では運動をした時と近い状況になるのです。なので、水素水は健康面や美容面だけでなく、ダイエットにも効果があると言われているのです。

水素水というのは、活性酸素を取り除くだけでなく、ミトコンドリアを活性化させて内臓脂肪も燃焼させる働きがあります。飲むだけでこれだけの働きがあるというのは、本当に驚きです。